無理な注文取らず残業抑制 採用難に危機感
中小企業勝ち抜く条件 迫られる変化(中)

東京
2019/11/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年4月施行の働き方改革関連法で、1カ月45時間、年360時間を上限とする残業規制は、中小企業には1年遅れの20年4月に適用となる。各社は、残業だけでなく休日も含めた労働環境の改善で人手の確保にもつなげようと知恵を絞る。

「納期はもう1カ月待ってもらえますか」。チューブなどの切断機製造を手掛ける造研(東京都八王子市)は取引先の大手企業などから無理な受注をとらず、納期も従来より伸ばしてもらう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]