働き方改革を成長の基盤に 異質な「知」と人材生かせ
スマートワーク経営調査

働き方改革
スマートワーク
2019/11/11 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

働く場所を問わない日本企業が増えている。日本経済新聞社がまとめた2019年の「スマートワーク経営調査」で、在宅勤務を取り入れている企業が半数を超え、前回から8.8ポイント増の53.0%となった。働き方改革とIT(情報技術)活用の両輪によって人材の定着と生産性向上につなげようとする動きが鮮明だ。

【関連記事】在宅勤務、5割が導入 スマートワーク経営調査

社員の残業時間は減り、有給休暇の取得も進んでき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]