書斎のゴルフ

フォローする

実力100%発揮 ラウンド・メンタル・テクニック(下)

(1/2ページ)
2019/11/26 3:00
保存
共有
印刷
その他
 米女子プロゴルフ協会(LPGA)・A級ティーチングプロであるヨッシー小山こと小山佳恵プロ。米国でのティーチング経験を生かして、2015年世界ジュニア日本代表に帯同するなど、日本に戻ってきてからもプロを目指すジュニアを中心に指導を行っている。今回は本番ラウンドで自分の実力を出し切るための、今すぐできるラウンド・メンタル・テクニックを伝授いただいた。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.44」から)

「ヴァーチャル・リレープレー」

ヨッシー 帯同コーチとのチームプレーはこの辺にしておいて、もう一つの「ヴァーチャル・チームプレー」もご紹介しましょう。それは駅伝方式のチームプレーです。「ヴァーチャル・リレープレー」といってもいいです。どういうことかというと、これもあくまで空想の世界ですが、ティーショットからホールアウトまで1つのボールを駅伝の「たすき」のようにつないでいくものです。具体的にいうと、ティーショットの落としどころにチームメートが待っていて、そのチームメートにボールを渡すようにティーショットを打つわけです。そしてパー4なら2打目はグリーン上にいるチームメートにボールを渡します。これを各ホールすべてで行って18ホールを完走していくわけです。

「ヴァーチャル・リレープレー」は、ティーショットからホールアウトまで1つのボールを駅伝の「たすき」のようにつないでいく

「ヴァーチャル・リレープレー」は、ティーショットからホールアウトまで1つのボールを駅伝の「たすき」のようにつないでいく

──駅伝方式のチームプレーですか? これは日本人のメンタリティーには合っているかもしれませんね。ナイスショットではなくボールをつなぐことを目的化するのですね。

ヨッシー そうです。ナイスショットしようとすると緊張します。でもボールを次のチームメートに渡そうと思うと「ボールを打つ」のではなく「ボールを運ぶ」というイメージになります。キャッチボールをすると相手の捕りやすいボールを投げようとしますよね。それと同じようにティーショットやセカンドショットを打つわけです。

──ゴルフではドライバーでショットするときに、野球ならばバッティングと同じ気持ちで打とうとしてしまいますよね。ホームランを打つつもりで飛ばそうと思い切り振ってしまう。だからあちこちの方角に飛んでいってしまうのかもしれません。そうではなくて守備をしている選手のように、仲間にボールを投げるように打つということですね。

ヨッシー そうです。守備をする野手の気持ちでボールを打つということです。単にボールをターゲットに打とうとするのではなく、ボールを受け取る人がいるとイメージしてその人が捕りやすいようにボールを打つわけです。次の人につないでいく、渡すというイメージです。ジュニアたちはイメージ力が豊富なので、この駅伝方式の「ヴァーチャル・リレープレー」はものすごく効果を発揮します。

──でも、ミスショットをして次のチームメートに渡せなかったら「ごめんなさい」という気持ちになって、かえって落ち込みませんか?

ヨッシー 大丈夫。次に待っているチームメートはプロゴルファーで、どんな悪いライからもスーパーショットでリカバリーしてくれる、と思えばいいんです。イメージの世界ですから次に待っているのはタイガー・ウッズだと思ってもいいわけです。もう少し身近に考えて、石川遼くんやあなたが好きな女子プロでもいいです。できればミスに寛容な優しそうな人にしたほうがいいですね。そうすれば深いラフに入れようが、ガードバンカーに入れようがニコニコしながら、次のショットを打ってくれます。

「ヴァーチャル・リレープレー」では、ティーショットはセカンド地点にいる仮想タイガー・ウッズにボールを渡すように打つ

「ヴァーチャル・リレープレー」では、ティーショットはセカンド地点にいる仮想タイガー・ウッズにボールを渡すように打つ

──なるほど。イメージの世界ならタイガー・ウッズとチームを組めるわけですね。そうなれば心強いしラウンドも楽しくなりますね。

ヨッシー その通りです。そうして、次のショットも同じように、自分の好きなプロが待つグリーンに打てばいいわけです。ボールをただ打つのではなく、渡していくという気持ちがあれば、おのずとコントロールの良いショットを打つことができます。スコアも自然に良くなってしまうというわけです。

──今日はすぐにでも実戦で使える4つのラウンド・メンタル・テクニックを教えていただきました。「頭の中の練習ラウンド」も「始動スイッチを入れる」も「ヴァーチャル・チームプレー」「ヴァーチャル・リレープレー」も目から鱗(うろこ)が落ちる内容でした。早速次の月例会で試してみたいと思います。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
ピン手前2メートルの上りのパットをしっかり決めてバーディーを取る

 小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する。しかもそれは現在90台のスコアのゴルファーでもしっかりとしたコース戦略を身につければ十分に可能なことだと言い …続き (12/10)

短めのパー5(3)

 小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する。しかもそれは現在90台のスコアのゴルファーでもしっかりとしたコース戦略を身につければ十分に可能なことだと言い …続き (12/7)

小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する

 小暮博則プロはパー5をすべてパーであがれる実力がつけばシングルハンディになれると断言する。しかもそれは現在90台のスコアのゴルファーでもしっかりとしたコース戦略を身につければ十分に可能なことだと言い …続き (12/3)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]