広島県東北端の町、キャッシュレス化の先頭に
ウエーブ広島)

2019/11/12 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島県でキャッシュレス決済が急速に進んでいる山奥の町がある。県の東北端に位置する庄原市東城町で、平成の大合併までは旧東城町だ。地元商工会が発行するカードが起点となり、加盟店での比率は4割を超えた。地域外に流出していた客を奪い返し、高齢者は現金志向が強いとされる「常識」も覆した。

広島市内から高速バスで約2時間半の東城町の中心部。スーパーのトーエイは「5%還元」「東城に新しいICカード誕生」と大書…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]