ノートン、ハイブリッド型照明の販路を拡大

2019/11/11 15:21
保存
共有
印刷
その他

業務用照明を手掛けるノートン・ライティングテクノロジージャパン(東京・北)は独自開発したハイブリッド型照明を拡販する。製造設備の販売会社の傘下に入ったのを機に、工場向けの販路を開拓する。環境意識の高まりで大型施設による照明の入れ替えが増えると見込み、初年度で2億円の売り上げを目指す。

反射が少ないため、照明によるストレスを軽減する(朝霞市健康増進センター「わくわくどーむ」提供)

プリント基板向け機械などの商社である丹波貿易(東京・北)がノートンに出資し、完全子会社化した。ノートンが開発した「フォーミュラアレイLED」は独自のチップ実装技術を採用し、通常の水銀灯より省エネ効果が高いという。発光ダイオード(LED)に比べてまぶしくなく照射角度も広い利点があると同社は説明している。

永田顕治社長は「光が柔らかいため、工場での作業環境の改善に向く」と話している。水銀灯とLEDの2方式のハイブリッド型として売り出す。現在はプールや鉄道など一部での利用にとどまっていたが、丹波貿易の販路を活用することで、プリント基板工場や倉庫などへの販売を増やす。

ノートン社は中国の照明開発会社と共同で「フォーミュラアレイLED」の独自製品を開発してきた。今後は丹波貿易とも組み、ネットにつながるIoT技術を活用した防災用照明の開発にも力を入れる方針だ。

(薬文江)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]