/

この記事は会員限定です

「トヨタ小型車」ダイハツ 新SUVに透ける実力不足

[有料会員限定]

ダイハツ工業が11月5日に発売した小型の多目的スポーツ車(SUV)「ロッキー」は、OEM(相手先ブランドによる生産)供給先となる親会社のトヨタ自動車を重視した車両だ。2016年に完全子会社になったダイハツが、トヨタの「小型車部門」として名実ともに機能し始めたことを象徴する。一方でダイハツの実力不足の側面も浮かんできた。

ロッキーの価格は約170万円からで、ダイハツの開発車両では「最高級品」。安価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン