/

この記事は会員限定です

[FT]ラガルド氏就任でECB政策決定に見直し機運

[有料会員限定]
Financial Times

欧州中央銀行(ECB)の総裁に就任したクリスティーヌ・ラガルド氏は、金融政策の決定方法刷新を求める声に近く向き合うことになる。ECBの幹部らは、新総裁の就任を機に政策決定方法の見直しを論じており、その中には金利決定に当たって採決を行う案も含まれている。

ラガルド氏は11月1日、マリオ・ドラギ氏の後を継いでECB総裁に就任し、ECBの最高意思決定機関である政策理事会に対して、内部協議のあり方を改善す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1921文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン