長野の被災製造業、供給網再開急ぐ
大水害から1カ月 復興への道程

台風19号
自動車・機械
2019/11/11 14:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県などを襲った台風19号から12日で1カ月。あふれた河川の水はインフラを破壊し、製造業や観光業など多くの産業に深刻な被害をもたらした。千曲川流域では県内外のサプライチェーンを支える部品メーカーが被災。元通りになるまでの道のりは遠いが、懸命の復旧作業により生産再開も一部で始まっている。県内産業の復興に向けた足取りを追った。

本社工場が1.5メートルほど浸水した長野鍛工(長野市穂保)。11月上旬…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]