/

「ビジュアルデータ」に部門賞 タイポグラフィ協会

(更新)

日経電子版「ビジュアルデータ」の作品が14日、文字を使ったデザインの優秀作を掲載する「日本タイポグラフィ年鑑2020」のオンスクリーン部門ベストワーク賞を受賞することが決まった。作品は「オリンピックの歴史 半世紀を振り返る」と題し、7月24日に公開。1964年の東京大会から2016年のリオデジャネイロ大会まで五輪競技の変化を写真やデータで伝えた。

年鑑を毎年発行している日本タイポグラフィ協会はデザイナーや研究者で構成する。一般公募で作品を受け付けた賞は11部門。オンスクリーン部門は動画やWebサイトなどスクリーン上で展開する作品が対象となった。年鑑は20年4月に発行される予定。

ビジュアルデータはグラフや写真、地図を主体としてニュースの真相や世の中のトレンドに迫るコンテンツ。受賞作品はデザインを編集局メディア戦略部の安田翔平、プログラムを同部の斎藤健二が担当した。

オンスクリーン部門ではベストワーク賞のほか、ビジュアルデータの「3Dで体感する日経平均株価 2018年」「入社1年目で知っておきたかった会計の基礎」「ゲーム機が消える? グーグル参入の衝撃」「急増タワマン、都市防災の死角に」の4作品も入選した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン