画家小山田二郎の縁 作家 ねじめ正一

エッセー
2019/11/16 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私が詩を書き始めた40年程前、同人誌の仲間の一人から、草野球チームの助っ人を頼まれたことがあった。試合後の打ち上げの飲み屋で、隣に座った男が「小山田二郎の絵が好きだ」と言った。その時、すかさず私が「父が小山田二郎の絵を持っている」と言うや、その男は「是非、見せてください」と言った。風貌からして彼も絵描きだと思った。

私が小学生の頃、ウチの家業の乾物屋と小山田二郎の住まいは近くて、父と交流があり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]