酉の市に祈る 幸田真音

エッセー
2019/11/13 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

十一月の酉(とり)の日には「お酉さま」に行き、縁起物の熊手をいただくようになって、もうどのぐらいになるだろうか。

いまの住まいに引っ越したとき、仕事で前を通りかかり、思い立って行ってみたのが最初だったので、かれこれ16、7年ほどは欠かさず通っているはずだ。

暮れなずむ都会の片隅が、そこだけ別の時代にワープしたような心浮き立つ年中行事。参拝客で大混雑の境内の一角には、通路の両脇に熊手屋がずらりと軒…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]