レノボ、薄型「Yoga S940」などパソコン4機種

BP速報
2019/11/11 12:30
保存
共有
印刷
その他

Yoga S940(撮影:山口 健太、以下同じ)

Yoga S940(撮影:山口 健太、以下同じ)

日経クロステック

レノボ・ジャパン(東京・千代田)は2019年11月8日、都内で新製品発表会を開き、Yogaシリーズのパソコン新製品を国内向けに発表した。発表したのは「Yoga S940」などノートパソコンが3機種、デスクトップパソコンが1機種。11月15日より順次発売する。

Yoga Sシリーズに14型の「Yoga S940」を追加した。ディスプレーの周囲は4辺が狭額縁のデザインを採用。エッジを包むような「Contour Glass」加工を施した。CPU(中央演算処理装置)には米インテル製の第10世代Core i7プロセッサーを搭載する。

アシスト機能「Lenovo Smart Assist」により、パソコンから人が離れるとスリープに入り、席に戻ったときはWindows Helloの顔認証でログオンできる。顔を向けるだけでセカンドモニターにマウスポインターを移動する機能や、ビデオ通話中に背景をぼかす機能も利用できるとした。

Yoga S740

Yoga S740

15.6型の「Yoga S740」は最薄部17.7ミリメートルのノートパソコンに、画像処理半導体(GPU)として米エヌビディア製のGeForce GTX 1650 Max-Qを搭載する。CPUは第9世代Core Hプロセッサーで、デュアルファンによる冷却など処理能力の高さを特徴とする。3Dゲームやクリエーターの用途を想定する。

14型の「Yoga C940」は、画面が360度回転するコンバーチブル機構を採用した。Dolby Atmos対応のステレオスピーカーや、プライバシーシャッター付きのウェブカメラを搭載する。CPUは第10世代Core i5プロセッサー、バッテリー駆動時間は最大約23時間という。

Yoga A940

Yoga A940

オールインワンデスクトップの「Yoga A940」はペンを使うクリエーター用途を想定する。27型の4K液晶はマルチタッチ対応で、入力装置としてダイヤル型の「Lenovo Precision Dial」と、アクティブペンを標準で備える。スタンドは25度の角度に固定できるなど、クリエイターの作業効率の向上を図ったという。

CPUにはデスクトップ向けの第9世代 Core i7プロセッサーを、GPUには米AMD製のRadeon RX560を搭載する。ストレージはSSDではなく、キャッシュ用に16ギガバイトのインテルOptaneメモリーと2テラバイトのHDDを採用。スタンドには「Qi」規格によるワイヤレス給電パッドを備えており、スマートフォンなどを充電できる。

(ライター 山口健太)

[日経 xTECH 2019年11月8日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]