SBI、福島銀行に出資 資本・業務提携

地域金融
金融機関
北海道・東北
2019/11/11 7:33 (2019/11/11 13:21更新)
保存
共有
印刷
その他

SBIホールディングス(HD)は11日、福島県の第二地銀、福島銀行と資本・業務提携すると発表した。SBIが福島銀に約11億円を出資し、議決権ベースで2割弱を握る筆頭株主となる。福島銀はSBIホールディングスが持つ金融やIT(情報技術)分野でのノウハウを導入し、収益力の回復を目指す。

【関連記事】 地銀再生、異業種に活路 福島銀行「救済」の色濃く

SBIは9月、島根銀行とも資本・業務提携している。SBIは全国の地銀と資本提携する「連合構想」を掲げており、福島銀への出資で第2弾となる。

福島銀を巡っては、18年3月期決算で7期ぶりの最終赤字に陥った。長引く低金利で貸出金利息が減少している。金融庁は同年、収益力の改善を求める業務改善命令を福島銀に出していた。

【関連記事】
SBI、苦境地銀の受け皿に 連合構想に金融庁も期待
SBIが島根銀に25億円、34%出資 資本提携を正式発表
SBIHDの北尾社長「第4のメガバンク構想を実現する」
SBI、事業承継ファンド 1000億円 地銀を支援
大分銀行、SBI系と提携 中小の業務IT化支援

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]