未来の車、新素材で軽く エコカー需要取り込む
大王製紙は植物由来/帝人は樹脂で

自動車・機械
環境エネ・素材
2019/11/9 21:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

未来の車に向けて、化学や製紙各社が新素材の開発を急いでいる。鋼板やガラスを植物繊維や樹脂に置き換え、車体を軽くする軽量化につなげる。環境への負荷の低減には電気自動車(EV)など動力の改善だけでなく、軽量化も不可欠だ。2040年に車体材料に占める非金属素材の比率は現在の数%から15%になるとの試算もある。

大王製紙はこのほど植物繊維由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」を車のパネルに提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]