スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

3打差首位の鈴木 「気楽にできている」

2019/11/9 21:00
保存
共有
印刷
その他

左手首痛などで鈴木は9月末から1カ月、試合を休んだ。練習量は多いときの3分の1。2週前の復帰戦は予選落ちしたこともあって、欲張らず「できることをしっかり。自分に期待しない」のがプラスに働いている。

通算12アンダーで単独首位に立った鈴木愛=共同

通算12アンダーで単独首位に立った鈴木愛=共同

【関連記事】鈴木愛が単独首位 TOTO女子ゴルフ第2日

多少のミスも「練習してないからしょうがない」。これまでになく「無理をせず、気楽にできている」という。スコアのことは考えず毎ホール、ティーショット、セカンドをどこに打っていけばバーディーをとれるかだけに集中してプレー。この日ベストの65は、あくまでその結果らしい。

2番で左右に切れる4メートルを決め、流れをつかんだ。次のホールでは、難しい下り5メートルを沈め3連続バーディー。15番は9メートルのバーディーパットをねじ込んだ。18番(パー5)で第3打をピンそば60センチに絡めると「あんなに寄るとは」。思わず笑みがこぼれた。この日グリーンを外したのは3回だけで、パット数は2日連続26。ショット、パットともさえている。

2位ロペスに3打差をつけ、「完全優勝」を果たした前週から5ラウンド続けて首位。14勝のうち10勝は逃げ切り勝ちで、米ツアー初優勝も手の届くところにある。ただ、追っ手もふだんとは違う。「米ツアーはすごく伸ばす選手が多い。優勝のチャンスは他より高いと思うけど、あまり考えていない」。最終日は「ゼロからのスタート」。優勝は意識せず、5、6アンダーを目標にプレーする心づもりだ。

(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第2日、通算6アンダーで首位の星野陸也(6日、東京よみうりCC)=共同

 日本シリーズJTカップ第2日(6日・東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)23歳の星野陸也が1イーグル、1バーディー、2ボギーの69で回り、通算6アンダーの134で単独首位を守った。賞金ランキ …続き (16:56)

第1日、18番でティーショットを放つ星野陸也。5アンダーで単独首位=共同

 名物ホールの最終18番パー3、サングラスを着用しない星野が西日を正面から浴びながら放ったティーショットはグリーン右に外れた。そこからなんとか2メートルに寄せて、2パットのボギーに収めた。「やっぱりグ …続き (5日 21:23)

第1日、7番でティーショットを放つ星野陸也。5アンダーで単独首位(5日、東京よみうりCC)=共同

 日本シリーズJTカップ第1日(5日・東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)今季の優勝者と賞金ランキング上位の30選手による予選落ちなしの最終戦。今季2勝目を狙う星野陸也が7バーディー、2ボギー …続き (5日 18:31)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]