スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

3打差首位の鈴木 「気楽にできている」

2019/11/9 21:00
保存
共有
印刷
その他

左手首痛などで鈴木は9月末から1カ月、試合を休んだ。練習量は多いときの3分の1。2週前の復帰戦は予選落ちしたこともあって、欲張らず「できることをしっかり。自分に期待しない」のがプラスに働いている。

通算12アンダーで単独首位に立った鈴木愛=共同

通算12アンダーで単独首位に立った鈴木愛=共同

【関連記事】鈴木愛が単独首位 TOTO女子ゴルフ第2日

多少のミスも「練習してないからしょうがない」。これまでになく「無理をせず、気楽にできている」という。スコアのことは考えず毎ホール、ティーショット、セカンドをどこに打っていけばバーディーをとれるかだけに集中してプレー。この日ベストの65は、あくまでその結果らしい。

2番で左右に切れる4メートルを決め、流れをつかんだ。次のホールでは、難しい下り5メートルを沈め3連続バーディー。15番は9メートルのバーディーパットをねじ込んだ。18番(パー5)で第3打をピンそば60センチに絡めると「あんなに寄るとは」。思わず笑みがこぼれた。この日グリーンを外したのは3回だけで、パット数は2日連続26。ショット、パットともさえている。

2位ロペスに3打差をつけ、「完全優勝」を果たした前週から5ラウンド続けて首位。14勝のうち10勝は逃げ切り勝ちで、米ツアー初優勝も手の届くところにある。ただ、追っ手もふだんとは違う。「米ツアーはすごく伸ばす選手が多い。優勝のチャンスは他より高いと思うけど、あまり考えていない」。最終日は「ゼロからのスタート」。優勝は意識せず、5、6アンダーを目標にプレーする心づもりだ。

(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

 女子ゴルフの9日付世界ランキングが発表され、日本勢の順位は変わらず、畑岡奈紗が日本勢トップの5位、渋野日向子が12位、鈴木愛が17位だった。
 1位は高真栄、2位は朴城炫(ともに韓国)、3位はネリー・ …続き (8:25)

2年連続の賞金王に輝いた今平=共同

 男子ゴルフの国内最終戦、日本シリーズJTカップは石川遼が今季ツアー最多の3勝目を挙げて8日閉幕した。首位と1打差の3位で終えた今平周吾が2年連続の賞金王。27歳2カ月での複数回の戴冠は尾崎将司の27 …続き (9日 18:00)

最優秀選手賞を受賞し、青木功会長(左)からトロフィーを受け取る今平周吾(9日、東京都内)=共同

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は9日、東京都内で男子ツアーの表彰式を開き、27歳の今平周吾が賞金ランキング、最優秀選手、総合力を得点化したトータルポイント、パーセーブ率の4部門でタイトルを獲得した …続き (9日 16:47)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]