レジ袋有料化、対象外の袋が生む業界対立

2019/11/9 21:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

流通業界も有料化に異論はないが、例外を認めたために足並みが乱れた

流通業界も有料化に異論はないが、例外を認めたために足並みが乱れた

2020年7月から有料化するプラスチック製レジ袋をめぐり、流通業界が揺れている。国の制度改正案で、環境負荷の小さいレジ袋は有料としないことになったためだ。おでんなど汁物を扱うコンビニエンスストアは歓迎しているが、スーパーや百貨店は「混乱を招く」と反発している。

【関連記事】 有料レジ袋の義務化、20年7月から 政府方針

1日に経済産業省と環境省の有識者検討会は(1)植物由来の原料が25%以上のバイオマスプラスチック(2)厚さ0.05ミリ以上(3)微生物によって分解される生分解性プラスチック――の3つのレジ袋は有料化の対象としない案を大筋で合意した。

環境に配慮したレジ袋はプラスチックの代替素材として今後の普及を期待するためだ。一定以上の厚さがあれば繰り返し使うから環境に優しいという。

海洋汚染を招いているプラゴミの削減策としてレジ袋の使用量を減らそうと政府は昨年、制度改正に着手した。流通業界も有料化に異論はないが、例外を認めたために足並みが乱れた。

スーパーや百貨店業界は例外を設けることに反対だ。イオンの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]