サッカー

横浜、4連勝で2位浮上 電光石火個も強く

2019/11/9 21:00
保存
共有
印刷
その他

「試合開始からいかに素早くボールを回収するか。それは常に心がけていること」。札幌のキックオフで始まり、開始2分、4分でゴールを重ねた選手たちを横浜M・ポステコグルー監督は手放しで褒めた。まさに電光石火の早業だった。

前半、ゴールを決める横浜M・仲川(右)=共同

前半、ゴールを決める横浜M・仲川(右)=共同

【関連記事】9日のJ1 結果と戦評

先制点は、DFとのパス交換でGKのトラップが少し大きくなったところをFWエリキがかっさらい、無人のゴールに転がした。2点目は組み立てに絡んだ右SBの松原の立ち位置が絶妙。仕上げたのは再びエリキだったが、右サイドをかく乱した仲川に0.5点を与えたいくらいだった。

その仲川、23分にはハーフウエーライン手前でこぼれ球を拾い、そのまま運んでGKまでかわしてシュートを決め、やんやの喝采を浴びた。

「エリキにパスを出す選択肢もあったけれど、コースを切られていたので自分で行った。そこからはイメージどおり」

ピッチにつむじ風を起こすようなドリブルは、1998年のワールドカップ(W杯)フランス大会でアルゼンチン陣内を突き抜けた、イングランドのマイケル・オーウェンさながらだった。

前半で大勢を決めた攻撃陣が「個の力でもコンビネーションでもゴールを生み出せる」と同監督は頼もしげ。試合を落ち着かせるよりも打ち合いに応じ、ばたついた後半も「それが我々のやり方なのだ」と意に介していない。

今季初の4連勝、ここ8戦無敗(7勝1分け)で首位のFC東京に勝ち点1差の2位に浮上。仲川は「流れと勢いは自分たちにあると思う」。一本調子の恨みはあるが、その分はまると強い。そのスタイルを最後まで貫く構えだ。(武智幸徳)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1のC大阪は8日、ミゲルアンヘル・ロティーナ監督(62)と来季の契約更新で合意したと発表した。今季就任してリーグ戦は18勝5分け11敗で5位。クラブを通じ「最大限の努力をしてくれた選手たちのおかげ …続き (8日 23:40)

Jリーグの最優秀選手賞を受賞し、笑顔を見せる横浜Mの仲川輝人(8日、釜山)=共同

 Jリーグは8日、東京都内のホテルで年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開催し、最優秀選手賞には横浜Mの15年ぶりのJ1制覇に貢献した仲川輝人(27)が初めて輝いた。出場33試合で15ゴールを挙げ、2 …続き (8日 21:56)

東アジアE―1選手権に向け調整を開始した(前列右から)仲川、三浦、橋岡ら男子代表(8日、釜山)=共同

 【釜山=共同】サッカーの男子日本代表は8日、初戦を10日に迎える東アジアE―1選手権に向け、開催地の韓国・釜山で練習を開始し、横浜MのJ1優勝に貢献した初選出の仲川や東京五輪世代の大迫(広島)らが調 …続き (8日 20:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]