ベルリンの壁崩壊30年 当事者たちは今どうみる?
旧ソ連・ヤブリンスキー氏 中東欧・ハプスブルク氏

ヨーロッパ
2019/11/11 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ベルリンの壁」崩壊から30年。大きく変容した世界を今、当事者たちはどうみているのか。ソ連と中東欧で当時、民主化に関与した2人に話を聞いた。

■民主主義や人権「根本的に後退」 グリゴリー・ヤブリンスキー氏(ロシアの民主改革派政治家)

――ベルリンの壁崩壊は欧米とロシア(当時はソ連)の関係にどのような影響を及ぼしたか。

「戦争の危険が去り、協力の可能性が生まれた。多くのロシア人が欧米への信頼を高め、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]