/

埼玉・深谷市の養豚場で豚コレラ 県内5例目

埼玉県は9日、同県深谷市の養豚場で豚コレラの感染が確認されたと発表した。養豚場での感染は県内で5例目。約1700頭が飼育されており、県は同日夜から全頭の殺処分を始める。13日にも作業を終える予定だ。

県は1日から豚コレラの感染予防のためのワクチン接種を進めている。深谷市内の養豚場で事前に検査した際、感染が疑われる事例がみつかり、再検査で陽性と判定された。野生イノシシの侵入を防ぐ柵などは設置していなかったという。

深谷市内は豚の飼育頭数が県内市町村で最も多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン