「憲法9条、柔軟に議論を」 自民・下村選対委員長

憲法改正
政治
2019/11/9 19:30
保存
共有
印刷
その他

自民党の下村博文選挙対策委員長は9日、鹿児島市内で講演し、同党の憲法9条改正案について「そのまま憲法改正の原案になるとは思わない」と述べた。「自民党の案が不十分であれば、国会で柔軟に議論しよう」と野党側に呼びかけた。

自民党は2018年に4項目の改憲案をまとめた。9条に関しては現行の条文を残したうえで自衛隊を新たに明記する方針を打ち出している。

森山裕国会対策委員長は現在継続審議となっている国民投票法改正案に関して「いまの国会で審議し、結論を出してほしい」と今国会中の成立を改めて求めた。森山氏は同党鹿児島県連の会長を務める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]