両陛下の祝賀パレード、10日に挙行 都心は晴れ予想

「令和」新時代
2019/11/9 18:53 (2019/11/9 19:05更新)
保存
共有
印刷
その他

天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が10日、東京都心部で開催される。陛下が即位を内外に宣明された10月22日の「即位礼正殿(せいでん)の儀」などと並ぶ即位関連行事の一つで、陛下は皇后さまとともに皇居から住まいの赤坂御所までの約4.6キロをオープンカーでパレードし、国民の祝意に応えられる。

当初は正殿の儀と同日開催予定だったが、台風19号による被害を受け延期されていた。気象庁によると、10日の東京都心は高気圧に覆われて日中は晴れる見通し。

祝賀パレードに先立ち、9日には即位を祝う民間主催のイベント「国民祭典」が皇居前広場などで開催された。皇居正門付近に姿を見せた天皇陛下は「大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただくことに深く感謝いたします」と述べられた。

前回の平成時のパレードでは沿道に約11万7000人が詰めかけた。今回も多くの人出が予想されるため、警視庁は東京以外からの応援部隊を含め最大約2万6千人態勢で警備に当たる。

パレードの開始予定時刻は10日午後3時。当初は同3時半スタートの予定だったが、約3週間の延期に伴い、日没時間や気温の変化を考慮して30分前倒しした。

車列は両陛下のオープンカーのほか、秋篠宮ご夫妻の車や安倍晋三首相らの車も含めて約50台、約400メートルに及ぶ。皇居・正門を出た後、国会議事堂前や憲政記念館前などを経て青山通りに入り、赤坂御用地沿いを走行。同3時半に赤坂御所に到着する予定。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]