三井の「プラント」「造船」、再建波高し 名門の苦悩

2019/11/11 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営再建中の三井E&Sホールディングス(旧三井造船)が、主力のプラント設計・建設と造船の2事業を大幅に縮小する方針を固めた。約100年前に造船を祖業に出発した名門企業だが、国際競争の荒波に勝てなかった。2018年にはプラント事業を意味する「エンジニアリング(E)」と造船事業の「シップビルディング(S)」の頭文字を社名に冠して再出発を図った。だが皮肉にも両事業が非主流に追いやられることになる。

三…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]