揺らぐ自由・民主主義 「盟主」を降りた米国
ベルリンの壁崩壊30年(中)

2019/11/9 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1989年11月9日夜、共産主義国家だった東ドイツからベルリンの壁を越えて西ドイツ側へなだれ込んだ群衆の中に、サウナ帰りのタオルを抱えた女性がいた。そのまま西側の見ず知らずの家族に招かれ、ビールを振る舞われた35歳の女性こそ、東ベルリンで物理学者として働いていたメルケル独首相だった。

「扉は突然開かれた」。メルケル氏にとって30年前に手に入れた自由と民主主義は何物にも代えがたい財産だ。それが今、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]