世界株、最高値まで1% 「適温相場再び」危うい楽観

2019/11/9 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の株価が最高値にあと1%余りに迫っている。株高を後押しするのは、超低金利が市場や実体経済を支える「適温相場」再来の期待だ。株式、商品など各資産に流入する緩和マネーが市場の変動を抑え、それがさらに資金を呼び込む好循環に入っている。ただ債券市場ではマイナス利回りが依然として広がり、楽観ムードが強まる株式市場とは温度差がある。世界景気が減速し、米中貿易交渉が予断を許さない中で進む株高は逆回転のリス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]