/

この記事は会員限定です

年金は「もらう」から「つくる」へ

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

年金に関する大きな誤解は、決まった金額を国から「もらう」ものだと思うこと。しかし実際には自分や配偶者がどう働き、どう受け取るかで年金額は大きく変わってくる。いわば、「年金額は自分で『つくる(増やす)』もの」(ファイナンシャルプランナーの山中伸枝さん)。今回の様々な改正案が実現すれば、そのための選択肢は広がる。

かつて厚生年金の加入条件は所定労働時間で週30時間以上だったが、2016年10月の改正法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン