/

この記事は会員限定です

駅名、分かりやすく改称 都市や施設を訪日客らにPR

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックや25年国際博覧会(大阪・関西万博)などの一大イベントを控え、駅名を変更する動きが目立つ。新規開業する施設や近隣の有名観光地の名称をとり入れたり、自治体名を加えてPRを狙ったり。訪日外国人(インバウンド)などの観光客が利用しやすくするためだが、専門家からは「混乱を招かないよう慎重に判断すべきだ」との声も上がる。

新交通システムゆりかもめの「東京国際クルーズターミナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン