/

ドローンで関空運航停止 2便欠航、44便にも影響

10月から3件目

(更新)

9日午前8時ごろ、関西国際空港の滑走路付近で職員がドローンのようなものを目撃した。安全確認のため同13分から全ての航空機の離着陸を停止し、確認作業を終えたとして午前9時25分ごろから離着陸を再開した。全日空によると、那覇行きと宮古行きの便が欠航したほか、国土交通省大阪航空局によると、到着便19便、出発便25便の計44便が目的地を変更したり遅延したりするなど混乱した。

関空では10月19日と今月7日にも周辺の上空に、ドローンのような飛行物体が確認され、全ての離着陸が一時停止された。いずれもドローンは見つかっておらず、9日も運営する関西エアポートから110番通報を受けた大阪府警が捜索したが、発見に至っていない。

関西エアによると、空港の供用規程により、周辺でのドローン飛行や空港内への持ち込みは禁止されている。大阪航空局の担当者は「ドローン禁止の周知活動と監視の強化を続けていくしかないが、ここまで相次ぐと、こうした従来の対策だけでよいのか疑問だ」と話した。

到着ロビーで午前8時ごろから4時間ほど仕事相手を待っているという女性は「軽い気持ちでドローンを飛ばしているのかもしれないが、影響はとても大きい。規制を強化してほしい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン