ドローンで関空運航停止 2便欠航、44便にも影響
10月から3件目

関西
2019/11/9 9:16 (2019/11/9 13:10更新)
保存
共有
印刷
その他

9日午前8時ごろ、関西国際空港の滑走路付近で職員がドローンのようなものを目撃した。安全確認のため同13分から全ての航空機の離着陸を停止し、確認作業を終えたとして午前9時25分ごろから離着陸を再開した。全日空によると、那覇行きと宮古行きの便が欠航したほか、国土交通省大阪航空局によると、到着便19便、出発便25便の計44便が目的地を変更したり遅延したりするなど混乱した。

航空機の出発案内を確認する人たち(9日午前10時53分、関西空港)=共同

関空では10月19日と今月7日にも周辺の上空に、ドローンのような飛行物体が確認され、全ての離着陸が一時停止された。いずれもドローンは見つかっておらず、9日も運営する関西エアポートから110番通報を受けた大阪府警が捜索したが、発見に至っていない。

関西エアによると、空港の供用規程により、周辺でのドローン飛行や空港内への持ち込みは禁止されている。大阪航空局の担当者は「ドローン禁止の周知活動と監視の強化を続けていくしかないが、ここまで相次ぐと、こうした従来の対策だけでよいのか疑問だ」と話した。

到着ロビーで午前8時ごろから4時間ほど仕事相手を待っているという女性は「軽い気持ちでドローンを飛ばしているのかもしれないが、影響はとても大きい。規制を強化してほしい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]