ブラジル、ルラ元大統領が釈放 反政権姿勢を強調

中南米
2019/11/9 7:05
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルのクリチバ連邦刑事裁判所は8日、収賄罪などで有罪判決を受けて収監されていたルラ元大統領の釈放を認めた。最高裁判所が7日、二審で有罪判決を受けた時点で収監されるというこれまでの法的解釈を否定する判決を出したからだ。ルラ氏は釈放後早々に政権批判を始めるなど、野党左派陣営の指導者として存在感を発揮している。

釈放後、「ルラは無実だ」と書かれた旗とともに支持者と撮影に応じるルラ氏(中)(8日、ブラジル南部クリチバ)=ロイター

8日夕方、収監されていたクリチバ連邦警察を約1年7カ月ぶりに出たルラ氏は支持者の集会に参加し「国をより良くできると証明したい」と述べ、政治的に対立する右派のボルソナロ大統領を批判した。収監前に比べ痩せた様子だったものの、マイクを握り身ぶり手ぶりを交えて演説するなど健在ぶりを示した。

ルラ氏は国営石油会社ペトロブラスを舞台とした大規模な政界汚職に関与した疑いで、2017年7月に一審で禁錮9年6月、18年1月に二審で禁錮12年1月の有罪判決を受け、同年4月から服役していた。

最高裁が7日、判決が確定していない段階での収監は認められないとの判決を出したため、今回の釈放につながったが、現在進行中の裁判で有罪が確定し次第、再び収監される可能性がある。

8日の外国為替市場で、通貨レアルは対ドルで前日比1.5%安の1ドル=4.16レアルで取引を終えた。米中貿易戦争の再燃に加え、ルラ氏の釈放により、ボルソナロ政権の経済改革路線に反対する野党の左派陣営が勢いを取り戻すことへの警戒が広がっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]