/

米ゼロックス、富士ゼロ株の売却完了 2500億円で

富士ゼロックスは富士フイルムホールディングスの完全子会社になった=ロイター

【ニューヨーク=中山修志】米事務機器大手ゼロックスは8日、保有する富士ゼロックスの株式を富士フイルムホールディングスに売却する手続きが完了したと発表した。富士ゼロックスは富士フイルムHDの完全子会社となり、ゼロックスは約23億ドル(約2500億円)を得た。

ゼロックスは株式の売却資金のうち約5億5000万ドルを債務の返済に充て、残りをパソコン・プリンター大手HPの買収に充てる考え。同社は7日、HPに買収提案したことを認め、「我々の業界は再編が遅れていたため、最初に動く企業には明確な利点がある」とコメントした。

米メディアによると、ゼロックスが提案した買収額は現金と株式交換を合わせて総額約330億ドル。8日の株価終値を元にしたHPの時価総額を5%上回る。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン