スリランカ大統領選 親中回帰の可能性も 16日投開票

南西ア・オセアニア
2019/11/9 0:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ムンバイ=早川麗】インド洋の島国スリランカの大統領選は16日の投開票まで1週間となった。争点の一つはインド洋への勢力圏の拡大を目指す中国への対応。同国は現政権で過度な対中依存の見直しを進めてきたが、選挙結果によっては親中路線に回帰する可能性がある。

大統領選には過去最多の35人が立候補している。ただ、世論調査によると与党・統一国民党(UNP)のサジット・プレマダーサ副総裁(52)と親中派のゴタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]