池袋暴走、元院長を来週にも書類送検 警視庁

2019/11/8 22:41
保存
共有
印刷
その他

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走し12人が死傷した事故で、警視庁が来週にも、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで書類送検する方針を固めたことが8日、分かった。警視庁は飯塚元院長の操作ミスが事故原因だったと判断したとみられる。

事故は4月19日午後0時25分ごろ発生。飯塚元院長が運転する車が暴走して通行人をはね、自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡、飯塚元院長を含む10人が重軽傷を負った。

捜査関係者によると、元院長は当初、「アクセルペダルが戻らなかった」などと車両の不具合を主張していた。しかし警視庁がメーカーなどの協力を得て行った機能検査では、元院長が運転していた車のアクセルやブレーキに異常はなかった。

事故で妻子を亡くした会社員の夫が元院長の厳罰を求めて7月から集めた署名は約39万人分に上り、9月に東京地検に提出された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]