/

この記事は会員限定です

日テレとテレ朝、視聴率上位にも襲うネットの荒波

証券部 斎藤正弘

[有料会員限定]

民放キー局が2019年4~9月期の連結決算発表を終えた。浮き彫りになったのは経営環境の厳しさだ。地上波テレビの広告収入の落ち込みが想定を上回り、視聴率ではトップの座を争う日本テレビホールディングステレビ朝日ホールディングスの「勝ち組」2社も20年3月期の業績予想を下方修正した。広告やコンテンツ配信でインターネットの存在感が日増しに強まり、地上波に依存するビジネスモデルは変革を余儀なくされている。

「広告収入の落ち込みは想定していたが、予想よりも時期が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン