全世代型社会保障 医療負担増、医師会・与党が反発

経済
政治
2019/11/8 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は8日、年金や医療改革を柱とする全世代型社会保障検討会議を首相官邸で開いた。厚生年金の対象拡大などの年金改革は詳細な制度設計に入り、先行して検討が進む。一方、高齢者などの負担増につながる医療制度改革は日本医師会や公明党が反発を強めている。負担増の是非を巡る政府・与党の腰はまだ定まっていない。

検討会議は安倍晋三首相が9月の内閣改造時に「最大のチャレンジ」と表明し設置した。首相が消費税増税と同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]