/

この記事は会員限定です

海自哨戒機にAI搭載へ 人員省力化、識別能力も向上

防衛省が研究着手へ

[有料会員限定]

防衛省は洋上からの警戒監視や情報収集にあたる自衛隊の航空機に、人工知能(AI)を搭載する研究を2020年度から始める。

AI搭載を想定するのは海上自衛隊の哨戒機だ。

哨戒機には複数の電子機器を使って不審な艦艇や潜水艦を見つけ、攻撃する能力がある。レーダーの電波を艦艇などにあて、その反射波を白黒の画像データにする。データ識別は経験を積んだ自衛官が担っている。

AIのディープラーニング(深層学習)の特性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン