宮城知事、仙台市に人材派遣要請 台風被災の丸森町へ

台風19号
2019/11/8 19:58
保存
共有
印刷
その他

宮城県の村井嘉浩知事は8日、台風19号で甚大な被害を受けた丸森町の保科郷雄町長とともに仙台市の郡和子市長を訪ね、同町の本格復旧に向けて市の土木技術者を派遣するよう要請した。村井知事は県内の被害は丸森町が突出しているとして「全国の自治体に要請しているが、まずは県内でできる限りの努力をしたい」と語った。

仙台市の郡市長(右)に支援を要請する宮城県の村井知事(中)と丸森町の保科町長

保科町長は台風被害の概要と復旧・復興への課題を郡市長に説明した。それによると台風による被害は2千カ所を超えて総額326億円に上り、「調査や(復旧・復興への)設計のための技術職が足らない」という。郡市長は「技術職がどのくらい派遣できるか早急に回答したい」と応じた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]