エプソン、働き方改革加速 午後8時以降の残業は届け出
(信州リポート)

働き方改革
エレクトロニクス
北関東・信越
2019/11/8 20:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セイコーエプソンが働き方改革を加速している。2017年度から3カ年計画で進めており、今年10月からは午後8時以降の残業を報告制にするなどさらに徹底する。4月に働き方改革関連法が施行され、残業や有給休暇などに対する企業や労働者の関心は高まっている。中小企業も避けて通れない問題だけに、エプソンの取り組みに注目が集まりそうだ。

「以前は決算期末などの繁忙期には午後10時過ぎまで残るのが当たり前でした。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]