/

ケーズHD、純利益35%増の167億円 駆け込み需要でテレビ売れる

ケーズホールディングスが8日発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比35%増の167億円と、同期間として最高だった。消費増税前の駆け込み需要で4Kや有機ELなど高価格帯のテレビが好調だった。

売上高は9%増の3770億円、営業利益は43%増の224億円だった。共働き世帯を中心に家事の効率化需要を取り込み、大容量冷蔵庫など大型の白物家電が売れた。チラシのサイズを縮小し、広告宣伝費も抑えた。

20年3月期の予想は据え置いた。純利益は前期比3%増の246億円、売上高は3%増の7130億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン