北陸新幹線2編成を新造へ JR西日本、浸水被害で

北陸
2019/11/8 19:50
保存
共有
印刷
その他

JR西日本の来島達夫社長は8日、東京都内で記者会見し、台風19号の記録的大雨のため、浸水した同社所有の北陸新幹線車両2編成について「使用は難しいと判断した。廃車の手続きに入る」と述べた。新たに2編成を造る方針も明らかにした。

浸水した車両基地に並ぶ北陸新幹線の車両(10月、長野市)

長野市にあるJR東日本の車両センターでは、北陸新幹線の10編成120両が浸水した。10編成は東日本所有のE7系が8編成、西日本所有のW7系が2編成。東日本の深沢祐二社長は6日の記者会見で、8編成を廃車にする方針を表明している。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]