富山第一銀の実質業務純益2.4倍

金融機関
北陸
2019/11/8 19:50
保存
共有
印刷
その他

富山第一銀行が8日発表した2019年4~9月期決算は本業のもうけを示す単体の実質業務純益が前年同期比2.4倍の27億円だった。前期に計上した米国債の売却損がなくなったほか、投資信託の販売も増えた。株式等売却益の減少で連結純利益は38%減の20億円だった。20年3月期の連結業績見通しは従来予想を据え置いた。

富山第一銀行は実質業務純益が大幅に伸びた

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]