倉庫精練、最終赤字2億円に 中計も発表

2019/11/8 19:40
保存
共有
印刷
その他

倉庫精練は8日、2020年3月期の連結最終損益が2億円の赤字(前回発表予想は1億1000万円の赤字)になりそうだと発表した。原燃料価格が高騰したほか、生産体制の変更による投資費用がかさんだ。営業損益は2億8000万円(前回発表予想は1億5000万円)と赤字が拡大し、通期では9期連続の営業赤字になりそうだ。

23年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画も発表した。コストダウンと利益率の向上、合繊生地などの販売拡大を柱とし、最終年度には営業損益を黒字化したい考え。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]