福岡・天神地下街、QRコード決済導入 11日から

2019/11/8 19:18
保存
共有
印刷
その他

福岡市の繁華街・天神にある天神地下街は11日から、エリア内の140店舗でQRコード決済を導入する。キャッシュレス決済が普及するなかで、インバウンド(訪日外国人)需要などを取り込む狙いがある。

まず11日から「ペイペイ」や「アリペイ」など8種類を導入し、28日をめどに「メルペイ」など3種類を加える。運営会社の福岡地下街開発(福岡市)は「キャッシュレス決済の普及に合わせて導入を決めた。利便性を感じてもらいたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]