公明代表、自衛隊派遣「行くなと断下してない」

イラン緊迫
政治
中東・アフリカ
2019/11/8 19:00
保存
共有
印刷
その他

公明党の山口那津男代表は8日、BS朝日の番組収録で、政府が検討している中東への自衛隊派遣に関して「行くな、と今はっきり断を下しているわけではない」と述べた。そのうえで「(自衛隊が)行かないで済むようなことをやりなさいと言っている。日本が米国とイランの間に入り、新しい核合意を主導するようやるべきだ」と強調した。安倍晋三首相に提案したところ「安倍さんは努力すると言っていた」と明かした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]