[社説]冷戦終結30年 新たな壁はもういらない

ヨーロッパ
社説
2019/11/8 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東西冷戦の象徴だったベルリンの壁が崩壊して9日で30年。ひと世代が過ぎ、世界は平和と繁栄を享受しているといえるだろうか。

もっと明るい未来を思い描いていたはずだ。壁の崩壊からほぼ1カ月後、米ソ首脳が地中海のマルタで会談し、冷戦の終結を宣言した。核戦争の脅威は減り、自由主義と民主化が広がると多くのひとが歓迎した。市場の拡大で経済的な繁栄も期待された。

確かに、旧ソ連圏の国々は民主国家として独立した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]