栃木のエアロエッジ、「社内通貨」でカイゼン促進

自動車・機械
北関東・信越
2019/11/8 18:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

航空機部品製造のエアロエッジ(栃木県足利市)が社内通貨を活用した業務改善に取り組み始めた。改善案の内容に応じて会社負担で「エッジコイン」を付与し、社員は獲得したコインを社員食堂での支払いなどに使える。7月に導入してから改善案の提案件数が増えるなど一定の成果が出ており、社員の意欲を引き出す一手として中小企業の参考になりそうだ。

エッジコインはスタートアップのOrb(オーブ、東京・港)が開発した通貨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]