/

この記事は会員限定です

山内隆博氏 銀行から大不況の株界へ

[有料会員限定]

静岡県出身の相場師は少ない。温暖で地勢の豊かな地から相場師は出ない。明治時代に入丸将軍と呼ばれた村上太三郎が突出しているが後は小粒である。和歌山県や山梨県のような地勢に恵まれない地方から相場師は多く輩出される傾向がある。

「証券人国記」(日本証券新聞社編)をみても静岡県出身の証券マンは山内隆博(大和証券)、大石巌(新日本証券)、石川郁郎(野村総合研究所)、中村金一郎(丸八証券)、服部四郎(三田証券)、河崎清六(伊藤銀証券)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン