三菱UFJ、米子会社でのれん減損 数百億円の損失計上

金融最前線
金融機関
2019/11/8 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱UFJフィナンシャル・グループは米国の現地法人で過去に買収した現地銀の「のれん」の減損損失を計上する見通しとなった。米連邦準備理事会(FRB)の利下げに伴う米金利の低下を受け、個人向け住宅ローンなどの事業の収益性が悪化するためのれんの価値を見直す。同社の連結決算では2019年4~12月期に数百億円の損失を計上するとみられる。

米国法人の傘下のユニオンバンクが現地金融機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]