「特定技能」東南アジアで受験熱 合格者、年内1000人超
送り出しルール整備に遅れ、来日は来春に

2019/11/12 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳、ヤンゴン=新田裕一】東南アジアで日本の新在留資格「特定技能」の受験熱が高まりつつある。フィリピンでは日本式の介護も教える日本語学校が人気で、ミャンマーでは日系ホテルが宿泊業の受験指導を始めた。試験の合格者は年内に千人超となりそうだが、日本政府の想定には届かない。送り出しのルール整備の遅れも課題で、海外合格者の来日は2020年春ごろからになりそうだ。

「寝たきりの高齢者が直面する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]