/

この記事は会員限定です

「特定技能」東南アジアで受験熱 合格者、年内1000人超

送り出しルール整備に遅れ、来日は来春に

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳、ヤンゴン=新田裕一】東南アジアで日本の新在留資格「特定技能」の受験熱が高まりつつある。フィリピンでは日本式の介護も教える日本語学校が人気で、ミャンマーでは日系ホテルが宿泊業の受験指導を始めた。試験の合格者は年内に千人超となりそうだが、日本政府の想定には届かない。送り出しのルール整備の遅れも課題で、海外合格者の来日は2020年春ごろからになりそうだ。

「寝たきりの高齢者が直面する問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1345文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン