味わい保つ「凍眠」技術、伊藤忠食品が提携で普及へ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
サービス・食品
小売り・外食
2019/11/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大手食品卸の伊藤忠食品と業務用冷凍機器製造販売のテクニカン(横浜市)は、食品の鮮度保持やロスの削減につながる新技術の普及に乗り出した。おいしさを損なわずに凍結できる「凍眠(とうみん)」技術で、生鮮品の長期保存や全国流通を促す。新ブランド「凍眠市場(いちば)」を立ち上げ、2020年3月までに商品数を地方の高付加価値食材を含め80種類まで拡充。参画するメーカーや供給先のスーパーなどを増やす。

「凍眠…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]