関電トップ辞任1カ月 第三者委調査、越年の公算

環境エネ・素材
関西
2019/11/8 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力は9日、役員らの金品受領問題を受けた八木誠前会長と岩根茂樹社長の引責辞任決定から1カ月を迎える。10月に発足した第三者委員会は全社員に金品を受け取った事例を報告するように要請。結果報告は越年する公算が大きく、これに伴い岩根社長の辞任日がずれ込む可能性が出てきた。一方、後任の会長については外部から招く案が浮上している。

第三者委は専用窓口を設けて、全社員に電子メールで情報提供を求めた。自分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]